あとがき〜カワベ マサヒロ連載〜

2012.07.08 Sunday

0
    7月3日をもって
    カワベ マサヒロ連載 
    全4章を無事、綴り終える事が出来ました。

    皆様、今回の初連載
    楽しんで頂けたでしょうか?

    以前からカワベさんの作品をご存知の方にも
    初めて、今回知って頂いた方にも
    カワベさんの作品創りを少しでも感じて頂けたのなら幸いです。

    今回は、あとがきと題して
    全4回では伝えられなかった、
    私が取材して感じた事などを綴りますね。

    まず、カワベさんを取材してから連載一回目まで
    約1ヶ月の期間があったのですが、
    その大半の日々は、取材の時にお願いして録らせて頂いた
    ボイスレコーダーを何度も聞き直しました。

    取材のやり取りを聞きながら、
    私があまりに喋り過ぎている事にも反省しましたが、
    それと、同時にカワベさんのお話を聞きながら
    創り手としての自分に改めて問いかけている内容のものでした。

    そして、いくつかのキーワードを元に
    記事を綴る事にしました。
    本当は、もっと沢山のキーワードが出て来ていたんですが
    今回は、お伝えする事が出来ませんでした。
    しかし、そう遠くない未来このキーワードについて
    綴る日が来るのでは?と密かに思っています。

    カワベさんの記事を綴りながら、自問自答する日々は
    作品を生み出す時と同じ様に、何度も言葉を綴っては
    読み返し、また直すと言ったもので
    結局、A4用紙20枚にも及び、中には言葉が溢れ
    両面に綴っているものもあります。
    これで、綴ろうと思ったモノも
    いざブログに綴り出すと、違和感を感じ殆どの章で直している
    部分があります。(笑)


    今までも、沢山の方がカワベさんの事を記事にしていますが
    今回私は、以前の記事を読み返さずに綴りました。
    理由は単純で、プロの方の様な記事は書けないですし
    記事が綴られた時から月日が経っていると言う事です。

    そして、何よりALAPAAPのスタッフ(作家とお客様を繋ぐ側)として
    カワベさんのファン(受け取る側(お客様))として
    モノを生み出すものとして(作家、創りて側)の
    自分のありのままの言葉で綴りたかったんです。

    第一章で綴っている様に、今現在の等身大のカワベさんを
    私の言葉で、伝えたかったんです。

    今、4章を綴り終えて改めて思う事は
    11日から始まる作品展は、
    これから、カワベ マサヒロさんが描く世界の
    序章に過ぎないと言う事です。

    この序章の集大成でもある
    今回の作品展「刻々」は、
    ぜひ、ご覧頂きたいです。

    なぜなら、この作品展をご覧頂いた上で
    次回の展示をご覧になるのと、そうでないのでは
    天と地ほどの差があると感じているからです。

    それほど、カワベさんのリスタート(再起動)に対して
    生半可ではない想いがあるからです。

    今回4章とも、ALAPAAPのスタッフ、カワベさんとも
    私がブログに綴るまで、内容を知らないと言うものでした。
    毎回、ドキドキでしたが、カワベさんからの感想や
    読んで頂いた方から温かいお言葉を頂いたり、
    本当に取材させて頂いてよかった!と
    心から思いました。

    私の思いつきから始まった事でしたが、
    快く取材に応じてくれたカワベさん、
    ブログ連載を温かく見守ってくれたALAPAAPの皆様には
    本当に感謝しています。

    そして、毎回読んで頂いた皆様
    本当に、ありがとうございました。

    そして、このストーリーは、ここで終わりではありません。
    ここから先は、実際に作品を手に取ってご覧頂いた皆様へと続いていきます…



     写真 ・ 文   ALAPAAPスタッフ kawata(Zakuro)

    トラックバック
    この記事のトラックバックURL