11月26日 ライブのお知らせ 織原良次 『透明な家具』

2012.10.14 Sunday

0
    大倉美弥さん切絵の作品展 one music one flower
    の最終日を飾るクロージングライブです。
    凛とした穏やかなベース音に浸りながら
    夕日とともに作品を眺めませんか?


    CLOSING LIVE 
    織原良次 『透明な家具』
    (フレットレスベース奏者)

    2012 11月26日(月)

    start:16:30


    < 織原良次/おりはらりょうじ >

    1980年生
    大学時代からフレットレスベースに専念。
    ジャズシーンにて活動。
    【織原良次の色彩感覚】にて自身の曲を演奏。
    【織原良次の色彩感覚】は【現代の日本人の色彩感覚】でありたい。
    2010年からBGA(BackGroundAmbient)『透明な家具』を主催。
    ○ライブではない
    ○盛り上がらない
    ○BGMではない
    以上のモットーを掲げた音像表現も模索。


    -----------------------------------------------------
    2003年に山田里香(vo)、小池龍平(gt,vo a.k.a.bonito、Hands of Creation)とブ
    ラジル音楽を独自の解釈で演奏する『Bophana』を結成、2007年メジャーデビュー。
    同時期、ジャズベーシスト鈴木勲『OMAsound』への参加でジャズシーンに頭角を現す。
    2000年から参加する橋爪亮督(ts)GroupでCDを2枚リリース。クリエイティブ・
    ジャズ・シーンの最左翼に踊り出る。
    悶絶のフルート奏者太田朱美のRiskfactorにて盛んに演奏活動。
    eweから水谷浩章(b)プロデュース『RiskFactor』をリリース。
    橋本学(ds)トリオで伊藤志宏(pf)とともに美的音楽追究中。
    畠山美由紀(vo)ジョニ・ミッチェル・ナイトに笹子重治(gt)と共に参加、共演を重ねている。
    青羊(vo,gt)の『けもの』の仲間としての活動も特筆すべきものがある。

    遠藤律子FRV!にて2009年南米(ボリビア、ペルー、ベネズエラ、パラグアイ)
    ツアー、2010年には米モンタレー・ジャズ・フェスティバル、ペルーで演奏。

    他現在、野本晴美トリオ、江藤良人funk jones、小松伸之gravity,大槻カルタ英宣vertical-engine、
    行川さをり、横山達治グループ、松尾由堂ボナンザ、寿永アリサcom maestro、滝野聡group、
    小林幹5での活動も精力的に行っている。


    BGA『透明な家具』は、
    音像のインテリアである。

    BGA(Back Ground Ambient)『透明な家具』は、
    織原良次が提唱する現代型音像表現。
    曲ではない、リズムも無い。
    音像のDJ、生演奏だがメインアクトでは成立しない、
    独特な表現の誕生。
    その抽象的な音像は、シチュエーションに新たな次元を加える。


    私、織原の作るBGA(BackGroundAmbient)を背景に、話をするもよし、
    お酒を楽しむもよし、本を読むもよし、
    持ち帰った仕事の続きをするもよし...

    パフォーマンスをガン見するでも無く、
    無形のインテリアとしての『透明な家具』をお楽しみください。
    盛り上がりません。

    織原良次
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL