つるかめ屋さん、亀スカート履き方いろいろ♪

2013.10.25 Friday

0
    台風の影響で雨の毎日ですね。
    雨は、嫌いではないのですが、こう何日も続くと
    お日様が恋しくなります。
    今週末のお天気が気になる今日この頃です。
    児島は、明日、明後日とせんい祭りがありますので、
    中心街は、車がかなり多いと思います。
    お車で、お越しの際は、気をつけてお越し下さいませ。

    さて、只今開催中のつるかめ屋さんの個展
    「布と働く」も残すところ3日になってしまいました!!

    そこで、今日はスタッフKawataの
    亀スカートの履き方いろいろをご紹介しようと思います。

    今日ご紹介するのは亀スカートの履き方ですが、
    亀パンツでも応用がききます!

    つるかめ屋さんの亀スカート、いつも端をたたんで吊るしているのですが
    広げるとこんなに大きいんですよ。


    亀スカートの前。
    一番上の所を測ってみると、ぐるりで約140cmありました。
    私が持っている他の亀スカートも約130cm〜140cmでした。
    サイズが、フリーなので、体型にあわせて履いて頂けます。
    先日は、妊婦さんが亀スカートを素敵に履いてお越し下さいました。



    亀スカートの後ろです。
    腰の所に紐がついています。
    腰の紐もパッチワークで可愛いんですよ。


    では、基本の着方からご紹介します♪

    1. 上の写真のように、普通にそのまま履きます。


    2. 両脇を内側に折ります。


    3. 腰の紐を前側で結びます。


    4. 紐より上の布を折り返します。
      これで出来上がりです。


    自分撮りで、申し訳ないのですが、実際に履くとこんな感じになります。
    中央の柄がしっかり見えます。


    では、次は私がよくする履き方をご紹介します。


    1. 亀スカートの中心が脇にくるように履きます。


    2. 脇の部分を片方だけ、逆の脇の方に折ります。


    3. 腰紐を前で結びます。


    4. 腰紐より上の布を折り返します。


    実際に履くとこんな感じになります。
    (この写真は色を加工しています)
    巻きスカート風になります。
    巻きスカートは歩いてたりすると足が見えたりするんですが
    亀スカートは筒になっているので、足が見える心配がありません。


    次は、後ろ姿に遊び心のある履き方です。

    はじめに紹介した、両サイドを中央に折る履き方ではいて、
    ぐるりと前を後ろに回して前後ろを反対にする履き方です。


    1. この状態に履きます。


    2. 前側を後ろにグルッと回して、後ろを前に持って来ます。


    実際に履くとこんな感じで、前側がシンプルになります。
    後ろ側の写真を撮り忘れて申し訳ないのですが、
    後ろ側にヒダが出来てボリュームがでます。


    今回は、履き方をご紹介しましたが、
    ロングの亀スカートは、ウエストで履くとスカート丈は短くなります。
    腰で履くとマキシ丈にもなります。
    その日の服に合わせて、靴に合わせてスカート丈を変えてみるだけでも
    全く違う印象の亀スカートになりますよ。


    みなさんも、お気に入りの亀スカートの色々な履き方ためして見て下さいね!
    もし、こんな履き方があるよ!と言う方は、教えてくださいね!!


    さて、前のブログでチラッとお知らせしていましたが、
    明日のお昼過ぎに、
    「ネックウォーマー」が追加予定です!
    追加次第、ALAPAAP TwitterFBでお知らせ致します!


    つるかめ屋さんの在廊予定ですが、
    26日(土)、27日(日)は、お昼過ぎからの予定です。

    ぜひ、素敵な方なので、お話してみて下さいね!
    そして、この機会に
    つるかめ屋さんワールドを堪能して下さい!!!


    土、日曜日、祝日は、10時より営業致しています。
    スタッフ一同、心より皆様のお越しをお待ちしています。
     
    最後までお付き合い頂きありがとうございました。
    スタッフ Kawataでした。
     








    トラックバック
    この記事のトラックバックURL