万華鏡作品展 ”フィロソフィカルカレイド” 吉田真

2015.05.02 Saturday

0

    本日より始まりました!

    吉田真さん万華鏡作品展
    フィロソフィカルカレイド
    「うつくしきものよ、しばしとどまれ」

    入り口の部屋全体が万華鏡に!
    作品も様々な種類がたくさん!
    万華鏡の世界にどっぷりとはまってください!
     

    会期:5月2日〜5月31日まで

    「うつくしきものよ、しばしとどまれ」とはゲーテのファウストという戯曲のことば(「時よ止まれ、君は美しい」と訳すのは有名)だそうですが、これは万華鏡に通じるものがあります。また、「フィロソフィカル」は哲学的という意味でフィロソフィカルカレイドとは哲学的にうつくしいものということになります。この度の作品展は万華鏡作りのコンセプト「可能性の記憶」に今一度向き合い製作されます。

    「可能性の記憶」とは太古の昔、人が洞窟を住家としていた頃、そこで誕生した命が成長し、安全ではあるが暗く退屈なそこから外の世界に興味を抱きます。そして恐る恐る出口に向かい、初めて外を見た瞬間の驚きと興奮の記憶のことです。言葉にならない大いなる可能性を感じたことでしょう。また、その記憶は我々のDNAに刷り込まれているのではないかと考えています。万華鏡をのぞいたとき、洞窟からそっと外を見たときのような可能性の記憶がよみがえり癒しを超え 一歩先へ行くエネルギーになるものを創りたいと考えています。(吉田真) 

    トラックバック
    この記事のトラックバックURL